『花神(中)』 司馬遼太郎最高傑作のクライマックスが、この中巻だ!

さて、花神(中)を読了したので、そのレビューをしたい。

(参考)続き物です、未読の方はこちらから。
『花神(上)』 ~それは司馬遼太郎の最高傑作~


花神(中)司馬遼太郎

時代は幕末である。

僕は色んな小説の幕末物を読んでいる事で有名ですから、そりゃあもう、主人公を変えて何度も何度も幕末維新の急展開を体験している訳です(脳内で)。

花神・中巻の前半は、薩摩と会津が同盟して『文久の政変』が起こり、それまで尊皇攘夷の過激思想で天下を風靡していた長州が、一夜にして没落、朝廷と幕府と日本中を敵に回しながらも長州人たちは集団ヒステリーを発している時代である。

蛤御門の変、池田屋事件、第一次長州征伐、四国連合艦隊下関砲撃事件、などなど。(※順序は雑)

まあペリー来航より始まる幕末維新史は、もう何周したか分からんぐらいなもんで、周回モノのゲームをやり込みすぎて「あ、次はあれね」「タマモクロスの次がオグリキャップで、あとスーパークリークも強いね(※競馬ゲーム)」など、ネタバレが行きつくすところまで行き尽くして、もはや『箱庭』となった景観を呈するのである。

だが、歴史とはその度に面白い。いくらネタバレしていてもだ。

この花神・中巻は、ちょうど新選組が結成されて、京都の街を人斬りして荒らし回っていた尊王攘夷の志士らが、新選組隊士から逆襲され、野菜でも切るように斬られまくるって頃から始まる。

未だに、主人公の村田蔵六は書庫の中で勉強ばかりしているので、小説はこの『動きの無い主人公』から離れて進む。

上に述べたがごとく、『文久の政変』から始まる受難の日々で、村田蔵六の祖国・長州は没落しズタボロになってゆく過程が描かれて行くが、高杉晋作のクーデター成功によって長州藩は不死鳥のように復活し、巻の半ばから急転直下の展開でバトル小説に転向する。

舞台は『第二次長州征伐』である。

ボロボロになった長州に最後のトドメを刺そうとして、幕府が大軍を率いて攻め込んで来る。

その幕府軍に反撃するため長州軍総司令となったのが、この村田蔵六なのである。名前を武士っぽく大村益次郎に改めたのもこの時だ。

ガリ勉の村医者=村田蔵六で、無敵の常勝将軍=大村益次郎で、両者はまったく別人の如くである。

司馬先生が小説を通して課題としていたこと、それは、

「なんでこの国はこんな馬鹿みたいな太平洋戦争をやっちゃったんだ!?」

「なんでこの国の陸軍は口では勇ましいけど戦うとこんなに弱いんだ!?」

である。

と、同時に、

「なんで明治の先輩らは、ロシアに勝てたの??」

「なんで明治の海軍はあんなに強かったの??」

とも思っている。

日本人の中に、愚と賢と、二面性のようなものがあると捉えているのだ。

この花神(中)で、賢が大村益次郎、愚が幕府軍、という役回りにして、これは僕の独断であるが、愚かな幕府軍とかつて司馬先生が所属していた愚劣な陸軍とを重ね合わせて描写している。

大胆に引用しよう。

引用の問題意識は、いったい蔵六は、如何にして10倍以上の数で押し寄せてくる幕府軍を、小勢で跳ね返す事ができたのか?である。

「幕府は大きく、幕軍は大兵である。しかもその大屋台が古びに古びている」
という。蔵六のいう意味は、官僚秩序の老化しきった老大国というのは戦争という、天才を必要とするしごとはできない。なぜなら愚人にして権勢権力をもつ者が、そういう意見を排除するからである。そういう才物はたとえば勝海舟のごとくはじき出されているか、それとも身分のひくい洋式士官として前線で小部隊を指揮しているか、どちらかで、計算に入れる必要はない。幕軍の幹部諸公をみるに、精神のはつらつたる器量人などはひとりもおらず、たとえ補佐者に才物がおっても、その意見はかならず愚論に圧殺される。結局は正攻法をとるのである、と蔵六は言った。

現代で言うならばいわゆる大企業病ってやつだ。創業社長が退いた後、茶坊主しか取り柄のないサラリーマン社長がトップをやって、茶坊主以下の愚人たちが寄ってたかって組織を食い散らかしてしまう。愚人の作戦はすごく読みやすい。故に、読まれて負ける。

日本戦史上、さらにおどろくべきことは、長州軍は、旗もノボリもかざしていないことである。洋の東西を問わず、軍隊はその勢威を敵味方に誇るために旗を好み、中世にあってはそれを遠望すれば紅雲たなびくがごとくであったが、このときに長州人の凄味はそんな軍隊的装飾をいっさいすてたことであった。頼りにするところは、散兵としての運動性と、手にもつ洋式銃だけである。
これにひきかえ、幕軍の先鋒をうけたまわった二大譜代藩の服装は、戦国時代がこの山陽道に再現したかとおもわれるほどに重厚で華麗であり、そしておそろしいばかりの時代錯誤の姿で進んでいる。
「ぴちゃっ、ぴちゃっ」
と、侍大将である藩家老が、革製の采を振って鳴らしている。馬上である。家重代のかびくさい兜をかぶり、前立をきらめかせ、金属と革とウルシを美術的にモザイクした具足をずっしりと着込み、真夏の陽の下で大汗をかいている。この程度の防具は、火縄銃の丸玉ならはねかえすかもしれないが、長州兵の施条式の銃(ライフル銃)から射ち出されて旋回しつつ飛んでゆく椎ノ実型の小銃弾の前にはひとたまりもないであろう。

徹底的に合理主義的な長州軍。蔵六の指揮する長州軍は、コスプレ主義(形式主義)を捨てて、動きやすい布の服で戦ったのである。ちなみに、鉄の鎧を着てライフルで撃たれると、弾丸の他、弾けた金属片が身体に突き刺さって大重症になる。ライフル登場以降の戦争は布服である。

―幕軍が、芸州国境から入った。
という速報が、陸海両路から山口政事堂にすわっている蔵六のもとにとどいたとき、蔵六はおどろきもせず、
「もういまごろは勝っている時分です」
と、上座にすわっている藩の首相格の山田宇右衛門に一礼し、時候見舞いでもいうように言いきっている。なにしろ前線からの通信には時間がかかる。早馬の駅伝で急報されるのだが、五時間はかかる。
ひきつづき蔵六の予言どおり、
「快勝した」
という旨の報告が入った。
山口の政事堂がどよめき、山田老人がその報告をもって蔵六の部屋にやってくると、蔵六はすこしもよろこばなかった。かれにいわせれば
「勝つべくして勝っただけです」
ということであろう。

なるほど、コミュ力の低すぎる大将軍である。桂小五郎という才能重視の上司に引き上げて貰えなければ、絶対に総司令になどなれなかった人だ。天才とは何なのか?を考えさせられる。

幕兵―井伊・榊原の敗状は、おそらく古今に類がない。(中略)
「長州兵は山野を駆けまわり、それに対して幕兵は逃げまわるばかりで、逃げるときに家重代の具足をぬぎすてて裸になる者も多く・・・」
と、ある。また、
「幕兵が追い詰められた小瀬川の河口付近の海岸には有名な井伊の赤具足が無数に斃れていて、敵のことながら同情せざるをえない。海に飛び込んで和船にたどりついた者も、和船にはすでに敗兵がいっぱいで乗りきれず、ときに乗りすぎて沈む船もあり」
という。
長州の戦勝の原因は、まず戦術が圧倒的に幕軍よりすぐれていたことであろう。それ以上に、むしろ圧倒的に長州を利したのは、兵器の優秀さであった。長州軍は、蔵六や井上聞多、伊藤俊輔らが苦心して買い入れた欧米における最新式の小銃をつかった。施条銃であるために命中率がいいだけでなく、四百メートルの距離で十分に命中する。
それにひきかえ、井伊・榊原の小銃は戦国以来の火縄銃で、その有効射程はせいぜい百数十メートル程度にすぎない。装弾から発射までの操作にも手間がかかり、一銃が一発うつあいだに長州銃は五発以上射ってくる。

合理主義的な組織と、官僚主義的で時代錯誤の軍隊がぶつかると、一瞬で勝負がついてしまうの例。まずは敵よりも良い武器、最低でも同等の物、を使わないと話にならん、と。司馬先生が兵隊として戦争しながら考えたことがまさにこれだ。現代を生きる我々も、今な日本人の心に棲み着く『幕府軍の精神』について、よく注意しておかねばならない。

「百姓が、武士に勝った」
と、蔵六は政事堂の御用部屋の燈火の下でつぶやいた。その武士も、徳川の譜代大名のなかで最強の伝統があるとされているはずの井伊家と榊原家の武士である。
「井伊・榊原とも、徳川幕府の柱ともいうべき家である。武士の伝統もあろう。武芸に不熱心であったわけでもあるまい。それがわずか一戦で逃げ散ったのは、器械に負けたのである」
と、蔵六はかたわらにいた山本軍三郎という副官に対し、言っている。(中略)
「ばかなのは、幕軍の総帥である」
という。よりによって旧式装備の両藩を先鋒にもってきて、敗戦を天下に喧伝させるというのはよほどどうかしている、と蔵六はまるで幕府のために惜しむようであった。

井伊・榊原を先鋒にする、と言うのはこの時代から270年も昔のルーティーンな訳だ。官僚的な組織は、形式や前例が目の前の実情よりも優先される。長州軍がどういう武器持ってるか?とか、調べもしない。ただただ家康公の昔のやり方を踏襲するだけ。そら幕府は負けるで。

戦争にゆくには、身支度が要る。この男のことだから大した支度はしない。
「わらじ五足、手ぬぐい三本、ウチワ一つ」
と、この夕、蔵六は妻のお琴に手紙を書き、鋳銭村まで飛脚を走らせた。(中略)

一同、頭には柏餅のような韮山笠をかぶり、筒袖にズボン、ワラジばき、という恰好で、肩には長州自慢の施条銃をかつぎ、士官は陣羽織を着ている。(中略)
当の蔵六は、まったく別な風体だった。頭には百姓笠をかぶり、ユカタを着て、半袴をはき、腰に渋うちわを差し、ちょうど庄屋の手代が隣り村へ涼みにゆくようなかっこうで、これでは長州軍の大将とはたれにも見えないであろう。(中略)
さらにかれは、普門寺で教えた門人のうち三人をえらび、伝令役として従えていた。その三人は蔵六の命令で、長い竹梯子をかつがされていた。つまり要所要所にくれば蔵六はそのハシゴを民家の大屋根へ掛け、のぼって敵状をながめるつもりであった。

服装について。長州軍の兵卒のコスチュームは動きやすさを重視した簡素なものである。総大将の蔵六が最も粗末な恰好だが、これこそ、合理性を徹底的に突き詰め、形式主義を馬鹿にしくさった装備なのである。個人的なツボはハシゴかな。

(あの大将は、死のうとしている)
蔵六は、棟瓦から、まるで盗賊のように両眼だけを出しながらおもった。蔵六にいわせれば、将が死ねば全軍が崩壊する。山本はみずからの美しさを演ずるために全軍の崩壊を早めることを辞さない。
(戦国のころには、ああいう大将はいなかったろう)
ともおもった。江戸三百年が、このような-むしろ勝利の醜より敗北の美に酔いたがる-武士像をつくった。

部隊は芸州口の戦い(井伊・榊原戦)から、山陰地方の石州口の戦いへ。蔵六の作戦が余りにも的確なため、為す術もない敵方の大将が心折れちゃって死のうとしているの図。合理主義者の蔵六には、形式主義に固まる武士の精神が理解できない。

紀州兵が置きちらして行った大砲や小銃は、専称寺の境内に集積された。
蔵六はそれらをいちいち点検したが、小銃二十丁ほどが火打ち石発火型式のゲベールで、ゲベールとしてもおそろしく旧式のものである。あとは論外で、旧式大筒や青銅砲、あるいは火縄銃であり、大阪夏ノ陣のころとかわらない。
かれらがぬぎすてて行った甲冑のたぐいはざっと百点、いずれも先祖伝来の骨董ものである。
「すべて使いものになりませんな」
蔵六は、物憂げな表情でつぶやいた。敵にとっても使いものにならない兵器で戦わされた紀州兵が哀れであり、さらには主将である家老が軍をすてて敵前逃亡したという事実も、それを笑う気がしなかった。封建武家の世が、このような卑劣と臆病と悲惨なほどの軍事的無智のなかで幕をおろしてゆこうとは、それを敵としている蔵六自身にとっても想像外だったのである。
(紀州徳川家の士なら、もっとましだと思ったが、買いかぶりであったらしい)

同じく石州口の戦いで、対戦相手は紀州徳川家。ところが、戦う前に総大将が単身逃げ出してしまう。戦闘らしい戦闘もなく長州軍の勝利。徳川家の中で名門中の名門でもこのザマだ。

小舟の中で藩主松平武聡は、寝床から首をもたげ、
「そのほうどもは、姑息の愛におぼれてわしに大恥をかかせるつもりか」
と訴えたが、ついに汽船に乗り、松江へ去った。
このことが、応援の諸藩の兵に知れ、かれらを激昂させた。「当国の城主が逃げて、他人に浜田を守らせる気か」と口々に言いはじめ、退陣の支度をしはじめた。
日本人の形式主義は、江戸期三百年という階級の固定期にうまれた。
浜田の殿さまも奥方も、
「城を枕に討ち死にする」
という口上としての形式を謳いあげつつ、老練家老の手で口車に乗せられたというかたちで、沖合の汽船へ運ばれてゆくのである。そのあと、家老は城を焚いてしまう。城さえ灰にしてしまえば、
「長州人に城を陥された」
という武士として耐えがたい屈辱から、形式上まぬがれることができる。

石州口の戦いは長州軍の進撃のターンになり、浜田城に攻めかかろうとしたのであるが、なんと浜田の殿さまも逃げ出してしまう。全てが形式主義と現実逃避、中身は徹底的に空っぽである。我々日本人の誰しもが持っている醜さだ。

という訳で、けっこう大胆過ぎるレベルでオラオラ引用したが、これが司馬遼太郎先生が小説を通して伝えたかった事であろうと思う。

そして、言うまでもなく僕も徹底的にその思想の影響を受けている。

下巻につづく。