事業者はいつも従業員のサービス残業の誘惑に晒される

 

サービス残業なあ。

労働力の搾取って事なんだが、これをガッツリやられちゃうと、独立する気力も時間も無くなる。

逃げる元気や考える余裕も無くなる。

絶対に避けないといけない。

ま、今の僕にとってはサービス残業代の申請についてのノウハウが確立しているから、むしろサビ残は『資産』だと思っているけれど。

という訳で、過去記事ですな。

————-

労働力とは商品である。

勤め人が唯一持つ商品だ。

事業者はその労働力をお金を出して買う。

自前の生産設備に、労働者から買った労働力を投げ入れて、産出された商品・サービスを、顧客に売る。

かくて、事業者はお金を得る。

ところで、事業者ならば誰でも考えることがある。

「労働力をタダで仕入れられたらいいなあ!」

と言う事だ。

労働力の仕入れにお金が要らないなら、商品・サービスをタダないし非常に低コストに作ることができるし、それで出来上がった商品を普通の値段で売ったら、丸儲けして自分の財布を肥やすことが出来る。

無料の労働力。

まさしく全ての事業者の夢だ。

そしてその夢を叶える手段は、ちょっと手を伸ばせばすぐ届くところにある。

そう、従業員からサービス残業を引き出すことだ。

この国で、普通に正規雇用で働いていると、サビ残はそこらじゅうに溢れていると感じる。

いやもうほんとサビ残だらけ。

ふつうにサビ残前提で仕事が割り振られる。

しかし冷静に考えて見ると、無給で残業をさせるとは、労働者から労働力を無料で掠取する事である。

労働力は立派な商品だ。

それを金払わずに取り上げようとは、人の財布からお金を抜き取る事となんら変わらぬ行為であり、けだし盗人の所業と言わざるをえない。

その犯罪行為がそこかしこで行われ、しかも、当然に通用しているっている現状を見るに、これはもう、日本と言う国は、労働犯罪大国と言うべきなのであります。

この地上に資本主義が登場して以来、資本家(事業者)による労働者の搾取は、ずーーーっと行われて来た。

だからこそ、資本家の行き過ぎた搾取を反省する機運もたびたび巻き起こった。

日本では、どれだけ法律を労働者有利にして、一方で事業者に厳しくしても、労働環境はほとんど良くならなかった。

事業者が『ムラ社会の空気』を用い、労働者の権利行使をけん制するからだ。

それでエスカレートしたんか知らんが、法律はますます労働者に有利な内容になって行った。

今、労働環境は、真に法律に沿って運用されたなら、凄まじく労働者に甘いものになる。

どれだけ厳しく法律で禁止しても、事業者がちょっと知恵を絞って『自主的なサビ残を促す組織管理』を策定して、ひとたび施行してしまえば、たちどころに労働者はそれにひれ伏し、目下自主的な残業を始め、『コスト』が圧縮されて事業者のサイフは肥える。

文字通り、濡れ手に粟。

事業者にとってサビ残は麻薬みたいなものである。

カリスマ経営者たちの伝記を読んだ事があるだろうか。

松下しかり、本田しかり。

彼らは魔術的に従業員から忠誠心を引き出して、従業員は喜悦しておのずからハードワークに身を投じ、それでカリスマたちは経営者としての成功の基礎を築いている。

昔はそれで良かったらしいのだ。

娯楽も充実していなかった時代は、勤め人にとって、仕事が相対的に面白い娯楽だったって事情もあるだろう。

だが、今の勤め人は時間をすごく大事にする。

仕事の他に楽しい事がたくさんあるからだ。

それでもだ、それでもなお、経営者にとって労働力のタダ取りは魅力的であり続ける。

社会はそれを許さない雰囲気にゆっくり確実に移っている。

勤め人はどこへ向かっていくんだろうな。

———–

ま、そんなサビ残にやられてるって人に捧げる大逆転法がこちら。

あたかもオセロの黒が、パタパタパタと白に変わるかのように、チョー気持ちいい事になる。

僕は不動産の原資、と言うか捨てるつもりで最初の物件にぶち込んだ現金実弾、って奴を『未払い残業代の請求』で作る事が出来た。

簡単なんでぜひ挑戦して欲しい。