【voicy文字起こし】第十四話 「具体的なお金の貯め方について、種銭作りの王道」

”漫然”と勤め人やってたら、漫然と周りの常識に流されてたら、絶対種銭がたまらない。

種銭作りの王道がある。

それは、結婚、マイホーム、車、この三つを諦めること。

そして、女にも気をつけろ。見栄っ張りの女を掴んだ瞬間、財務劣等生が確定する。

 

参考:音声版はコチラ 第十四話 「具体的なお金の貯め方について、種銭作りの王道」

 

目次

1.初めのあいさつ

2.結婚、マイホーム、車、この三つを諦めること。見栄っ張りの女を掴んだ瞬間、財務劣等生が確定。

3.女修行を疎かにすると、人生をむちゃくちゃにされてしまうのです。

 

1.初めのあいさつ

サウザーラジオ「青雲の誓い」第14話。今日は「具体的なお金の貯め方」についてお話しして行こうかと思います。こんばんはサウザーです。

このラジオは「サラリーマンやめてぶらぶら暮らしていきたい人のために、ビジネスを作って商品を持って、それで収入を得てサラリーマン辞める方法」をお話していくと、

そういうちょっとふざけた内容のラジオです。

ところが僕は本当にサラリーマン嫌で、どうしても辞めたいって本当に真剣にですね、

青春の熱い血を注ぎ込んでですね、勤め人卒業する方法をずっと研究しておりました。なのでその辺の話詳しいです。

最近話してた事っていうのが、「コンテンツ持ってる人」が 進むルートとそれから「コンテンツを持っていないけど根性だけあるよっていう人」が進む ルートと、両者がちょっと違うっていう話をずっとしてました。

(関連記事:第十二話 「あなたはコンテンツを持っている人ですか?」

僕自身ですね、「コンテンツあって、もう作りたい商品が決まっていて」という側の人間だったので、

でもこれを聞いて下さっている方っていうのは、「勤め人卒業するために自分はどんな商品を扱いたいか、どんなサービスを作りたいかっていう構想みたいなものがない人」

っていうのが結構多いようなんですね。

それで、僕が知り合いで経営者やってるような人たちを見渡してみると、結構「コンテンツ持ってなくて成功してる人」が多いので、そういう話も両者分けてしていきたいなと思ってます。

今日は「お金の貯め方」っていうことなので、どっちかって言うと「コンテンツがある人」。

だから「商品これ作りたい」という構想がある人向けの内容になります。

けれども避けては 通れないですよ、種銭の作り方って。勤め人卒業してぶらぶら生きていくっていうそういう ためには。

ということで話入ってきたいと思います。お願いします。

 

2.結婚、マイホーム、車、この三つを諦めること。見栄っ張りの女を掴んだ瞬間、財務劣等生が確定。

はい 、話入ってきましょうかね。

タイトルが「結婚、マイホーム、車この三つを諦めること」という、

すごい事書いてますし、その話をしていきたいと思います。

金貯めるための話で、想定してるリスナーな方はやっぱ男ですね。20代の男子を想定リスナーとしてお話ししていきます。

種銭を貯めるんですよ。でも、勤め人をやっている中で本当”漫然”と勤め人やってたら、漫然と周りの常識に流されてたら、絶対種銭たまりません。

勤め人も当然卒業できないというか、勤め人卒業できる人なんてほんと少ないですから。 どうなんだろうな、1割いるかいないかじゃないですかね。もうちょっと多いか。

でも、そういう人達って必ず貯金っていうのはクリアしてきている。「種銭を作ったから事業を作ることができた」っていうことなんですよね。これは誰しも通る道です。

僕とかは結構若くして引退しちゃったんですけれども、「なぜできたか?」って言うと、種銭を貯めたからですよ。

種銭を貯める方法っていうのは身も蓋もないんですけれども、まず「結婚諦める」ということ。

結婚は金持ちになってからしたらいいと思いますよ。

なぜ結婚が厳しいか、きわどいかって言うとまず「見栄っ張りの女」ですね。結婚式、”すんごい額の結婚式”しようとするんですよ。

僕の親戚っていうのが「500万円ぐらいするような結婚式」挙げてたんですけれども、

それを若い時点でやっちゃうと、数百万単位の借金というのかな、貯金の切り崩しっていうのかな、財務に対するダメージは計り知れなくて、

数百万消費した時に例えば「家を買う」とか「ボロ物件買う」でもいいですけれども、車を買うとか、バランスシートの考え方があったら、

「耐久消費財」を買ったなら、「家財としてお金は使ったけれども、一方で物品を手に入れる」っていうことで相殺されてる。

つまり「金使ったけど消えてなくならない消費」ってのもあるんですよ。

結婚式で何百万が使うと、それは「泡のように消えてなくなる種類の消費」なので強烈にこのダメージっていうのが尾を引いてくる。非常に良くないです。

だから結婚式挙げるなっていうこと僕は言いたい。

あとは「自律神のある女性」というのかな、働く気が強い女の人がいいと思います。

僕もかつてナンパしまくっていた頃に、「私を食わしてくれ」って言う、

「私は働きたくない」っていうような言葉が出た女の子に対しては、

”百年の恋も冷める”と言うか、一瞬でもう興味なくなるっていうことがあったんですけど、

それは僕が若かりし頃からずっとこういう財務の、要は種銭作ってビジネスつくるっていう研究を熱心にしていたから、

それで「金食い虫の女は非常に良くない」っていうのが骨身に染みてたんでしょうね。

なので「見栄っ張りの女」っていうのは本当に良くないし、独身でぶらぶらやってんのもいいですよ。

あとやっぱ「子供」できちゃうと、

これがまた奥さん絶対動けなくなるし、子供にも多少お金がかかって、その「多少のお金」っていうのが厳しいですよ。響いてくる。

なので結婚っていうのは若いうちにしない方がいいのかなっていうふうに思います。 ちょっと長くなったけど、次マイホームと車行きますね。

 

3.女修行を疎かにすると、人生をむちゃくちゃにされてしまうのです。

僕は全然”リア充”っていう感じの青春時代を送っていなくて、図書館の地下室でマルクス読んでたようなやつですからね、根暗なんですけれども、

そういう「根暗ルート」からいい歳こいて街でナンパとかしてまして、

あとはもうナチュラ ルに「リア充の遊び人の男子」みんな言いますよね、言いますよねというかみんな「女性に 対する目」が厳しいですよ。

僕さっきの章で「見栄っ張りの女を掴んだら、その瞬間勤め人卒業とかも無理だ」って言うことを厳しく言い放ったわけですけれども、

これに対してどれだけ女性リスナーからボロクソ言われても僕何とも思わないですよね。

それってやっぱり女修行の賜物なんですよ。

大体の人がそうやって「不特定多数」というのかな、「世論」というのかな、そういうものに叩かれちゃうと普通の男ってしゅんとなっちゃうんですよ。

それが地獄の始まりなんですよね。

“変な女”に捕まって、”変な女”というのは要するに金食い虫です。

その「金持ち父さん貧乏父さん」という本も、このサウザーラジオの非常に大事な本になるんですけれども、大事な思想の基になるんですけど、

その金持ち父さんの中に出てくる言葉で、あなたのポケットにお金を入れてくれるものが 「資産」で、あなたのポケットからお金を取っていくものが「負債」だということを言ってるんですよ。

(関連記事:第三話 「今の仕事が辛いが、転職すれば楽になるのか?」

非常に明晰ですよね。もう非常に簡便に資産と負債の定義を説いている。

だから、女にも二種類いるんですよ。

自分の時間を増やしてくれたりとか、自分の精神をプラスに、前向きにしてくれる女ってい うのは「資産」ですよね。

だけど自分は仕事で成功したいなっていうのに、「そんなのやめてよ」とか言って足を引っ張ってくる女とか、

あとは見栄っ張りで、「でかい結婚式あげよう」とか

「海外旅行に行かないとなんか落ち着かない」とか、「車は新車じゃないと嫌だ」とか。

そういうこと言う女っていうのは、やっぱやめといた方がいいですね。

だからこそ、女修行を疎かにすると、どれだけお金稼ぐ能力があっても、ぐちゃぐちゃになっちゃうっていうのはそういう所です。

だからある程度女性経験を積んで、わけわからない女からぐちゃぐちゃっと言われても屁でもないっていう精神状態というのはやっぱり、女性経験から生まれてくるもんです。

そんな感じで「媚びない態度」でも、自分のことを好きでいてくれる女性ってのはたくさん現れますからね。大丈夫です。

話何のことかいなって言うことですけど、マイホームと車の話すると言ったけれども、こっちの方の話にずれてしまってすいませんっていうですね、

じゃあ次、明日の夜ですね。そのマイホームと車の話ししましょうかね。 では今日はこんなところで再见(さようなら)

 

参考:音声版はコチラ 第十四話 「具体的なお金の貯め方について、種銭作りの王道」

【参考書籍】
女修行はとても大事。女に頭が上がらない、女の尻に敷かれるのがカッコイイ、要するにこれって勤め人の世界でよくやる自虐トークであり、勤め人の自分の身を守る処世術な訳です。シンドイふりしてれば勤め人は楽出来るからなあ。嫁が怖い、女にモテない、そうやって職場で自虐しているうちに、現実になってしまうと言うことは本当によくあるし、実に下らない事である。女修行せよ。黙って下記の本を買って読みましょう。